ハンバーグレシピ
スポンサードリンク

2007年05月28日

ハンバーグレシピ ふんわりジューシー

美味しいハンバーグはやっぱりレシピにもよりますが、だいたいの人はあのレストランで食べるようなふんわりジューシーなハンバーグを好むと思います。

まず、作り方ですが、あらかじめフードプロセッサーを使って玉ねぎをみじん切りにしておきます。
結構細かいほうが良いです。水分が出ても絞らないように。

次に、ボウルのなかで挽肉、パン粉、塩、ブラックペッパー、玉ねぎ、豆乳、卵、ナツメグを混ぜ合わせます。
揉めば揉むほど味が馴染みます。
そうするとやわらかくて豆腐ハンバーグのような生地が出来上がります。

生地をハンバーグの形に整形したら、真ん中を少しへこませておきます。
これをすることで、ハンバーグの型崩れと焼きムラを防ぐ効果があります。

フライパンに油を引いて熱したら、中火にしてハンバーグを並べます。
そのまま中火でだいたい2〜3分程度、きれいな焦げ目ができるまで焼きます。
焼けたらひっくり返してできるだけ弱火にして、蓋をして約15分弱加熱します。

肉の表面にジュワーっと肉汁がにじみ出てくるのを確認してください。
一応、竹串を刺してみて中まで火が通っているかも確認してみてください。

ケチャップとソースをかけて、赤ワインを少々かけてアルコールを飛ばして
風味づけをします。ぐつぐつと煮立ってきたらひっくり返してください。
1分程度ソースとハンバーグを馴染ませていきましょう。

再度ひっくり返して、お皿に盛りつけたら出来上がりです。ソースが足りない
ようならフライパンが冷めていない今のうちに作っておきましょう。
これで、ふんわりハンバーグの完成です。

ワンポイントアドバイス…牛肉と豚肉の割合は2:1が理想的です。
posted by ハンバーグレシピ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンバーグレシピ 2色バーグ

<2色バーグ材料(2人分)>
・ハンバーグ(ビーフハンバーグ) 2つ
・石狩川ベーコン 2枚
・ゆで卵 1つ
・溶けるチーズ 適量

◆ソース
・中農ソース 大さじ2
・ケチャップ  大さじ2
・酒     大さじ1
・砂糖   小さじ2

<2色バーグの作り方>
1.常温解凍したハンバーグは1つを2等分してそれぞれ丸めなおしておく。4個出来ます。

2.ゆで卵は4等分にスライスする。

3.丸めたハンバーグの内、二つには石狩川ベーコンを巻きつけて、もう一度手で握りベーコンをハンバーグにしっかり密着させておく。

4.熱したフライパンにオイルを薄く引いて、ハンバーグを焼き始める。火加減は弱めの中火で焦がさない様に。あとは普通にハンバーグを焼く要領で焼き上げます。返した後に、火を少し弱めて3分程、蓋をして蒸し焼きにするとふんわりします。
焼き上がりのしるしは、ハンバーグの中央を指で軽く押さえてみて弾力があればオッケー。あるいは透明な肉汁が出ればオッケー。

5.ベーコンを巻いていない方のハンバーグにゆで卵のスライスとチーズを乗せて再び蓋をして、30秒ほど待って、チーズがトロリと溶けたら出来上がり。器に盛り付けます。

6.引き続き、そのフライパンに中農ソースとケチャップ、酒、砂糖を入れてフライパンに出た肉の旨みを溶かし込む様に混ぜてソースの出来上がり。ハンバーグにトロリとかけてください。

<ポイント>
・フライパンに出たベーコンの脂や肉の旨みを行かしてソースを作ると美味しいです。

・脂が多過ぎる様なら少し脂分をペーパーで吸い取ってから作りましょう。

・ベーコンを巻く場合、ベーコンから油分が出るので最初にフライパンに引くオイルは少なめで良いでしょう。
posted by ハンバーグレシピ at 13:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンバーグレシピ 和風スパイシーハンバーグ

ブラックペッパーミックスを使っておいしいハンバーグを作りましょう。
ブラックペッパーソースでスパイシーに仕上げるちょっと大人の和風ハンバーグです。
あなた好みの美味しいハンバーグを作ってみませんか?

<和風スパイシーハンバーグ材料(4人分)>
(4人分)
●合いびき肉/400g ●玉ねぎ/大1個 ●卵/1個 ●パン粉/大さじ3 ●牛乳/大さじ3
●ママクック、ブラックペッパーミックス/少々 ●サラダ油/大さじ1
●ソース(赤ワイン1/4カップ、醤油大さじ1、みりん大さじ1、ブラックペッパーミックス適宜)
●付け合せ(にんじん、じゃがいも、クレソン、もやしなどお好みで)

(1)玉ねぎを細かくみじん切りにし、フライパンにサラダ油を熱して炒める。
   玉ねぎの色が変わり、充分に柔らかくなったら火からおろしてさましておく。
(2)ボールに合いびき肉を入れあらかじめよく練っておく。
   次に卵、牛乳に浸したパン粉、冷ましておいた玉ねぎを加え
   まんべんなくよく混ぜ合わせる。
(3)ママクック、ブラックペッパーミックスをふりさらに混ぜる。
   粘りが出るまで充分に混ぜる。
(4)混ぜ合わせたたねを4等分し、両方の手に交互にたたきつけ空気を抜く。
   小判型に形成し真ん中を少しくぼませておく。
(5)フライパンにサラダ油を熱して(4)を入れ強火で両面を焼く。
(6)火を弱めて中までじっくり火を通す。
(7)焼きあがったらハンバーグを取り出し、そのあとのフライパンに
   赤ワイン、しょうゆ、みりん、ブラックペッパーミックスを入れ一煮立ちさせる。
(8)付け合せの野菜、ハンバーグをお皿に盛り付け、(7)をかける。

posted by ハンバーグレシピ at 13:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンバーグレシピ 豆腐ハンバーグ

豆腐ハンバーグはやっぱりカロリーが低くて簡単に作れて、しかも美味しいです。
豆腐ハンバーグの簡単で美味しい作り方の秘密は実は・・・・「豆腐にゴマをまぜる」ことです。
ちなみにゴマは入りゴマがおすすめです。
豆腐ハンバーグにゴマをまぜるのと突っ込みが入るかもしれませんが、普通に豆腐を食べるときときなど、ゴマをかけたりしますよね!
豆腐ハンバーグにゴマをまぜると、普通のお肉のハンバーグと比べると断然にふわふわ感が違いますよ。
またとてっもヘルシーなので、我が家では豆腐ハンバーグにゴマを外すことができません。
豆腐ハンバーグが食卓に並ぶときに思うのですが、食べる量がお肉のハンバーグよりも断然おおくなるということ。
それが健康にいいかどうかは難しいところですが、ゴマを食べるとお通じが良くなるようでうちのちびっ子はもちろん私もすっきりすることができてとても驚きです。
それが豆腐ハンバーグっていうことはとても嬉しいです。
お肉のものだったらお値段的にも高くなるだろうし、カロリーも高くなったり、コレステロールも高くなるので、ちょっと心配なのですが、豆腐ハンバーグなのは本当に嬉しいです。
ちなみに私の旦那は豆腐ハンバーグよりもやっぱり牛肉のハンバーグがいいと言って、いつも大騒ぎしています。
こんなことで大騒ぎするのもと思うのですが、やっぱり牛に限るなって知ったようなことを言います。
わたしも豆腐以外で作ってと言われたら、鶏肉でつくりたいと思うのでそれはそれでいいのですが、私としてはやっぱり、豆腐ハンバーグが好きです。
豆腐ハンバーグの場合はお弁当に入れて、さめてしまった場合でも、美味しく食べることができます。
お肉の場合はハンバーグの下の方に油がぎっとりとたまってしまって、ちょっと食べるのに抵抗がということになったりするので、弁当のおかずとしても豆腐ハンバーグがおすすめだと思います。
話をもとに戻して最初にも言ったように、豆腐ハンバーグを簡単に美味しく作るコツは「ゴマを入れる」ことが最も簡単で手軽にできると思うので、是非とも試してみてください。
きっと美味しい豆腐ハンバーグができると思いますよ。

posted by ハンバーグレシピ at 13:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ハンバーグレシピ 牛肉のハンバーグ

牛ひき肉を使ったバーグのレシピです。
和風のレシピなのであっさりしています。

<ハンバーグレシピ・牛ひき肉のバーグの材料>
牛ひき肉400グラム
卵1つ
塩、酒、しょうゆ、砂糖
大根おろし1/2カップ
あさつき(淡い緑色のネギ)1〜2本
レモン1/2個

◆ボールにひき肉、卵、塩小匙2/3、酒と醤油を小匙1ずつ、砂糖を少々入れてざっとこねる。
材料がつながれば良いという程度。

◆フライパンを熱して油をひき、先ほど混ぜた材料を一掴みとって、フライパンにおいていく。
平たくするためにおいた後、すぐに押していく。

◆中火より少し強いくらいの火加減で焼き色が付いたら返して、もう片方も焼き色が付いたら蓋をして2〜3分焼きます。
きちんと火が通るように注意しましょう。
無理に一度に焼かずに何度かに分けた方が上手にできます。

◆ネギを小口切りにして、大根おろしの水気を軽くきって混ぜて添えます。
レモンも同様に添えます。

◆レモンを絞り、大根おろしには醤油を軽くたらして食べましょう。
熱いうちに食べると美味しいです。

posted by ハンバーグレシピ at 13:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記